放課後等デイサービス業界に
広く通じる情報を随時配信中!


児童指導員の資格の取得方法とは

2020/02/25

放課後等デイサービス運営お役立ちコラム

児童指導員の資格の取得方法とは

みなさんこんにちは! 
はぐめいとでは放課後等デイサービスや児童発達支援を運営している事業者様に 
向けて様々な情報を発信しています! 
 
今回は「児童指導員の資格の取得方法」について ご説明します。

児童指導員は、放課後等デイサービスや児童発達支援でお子さまやそのご家族を支援する仕事をしています。そのような児童指導員として働くためにはどのような資格が必要なのでしょうか。

児童指導員の任用資格の取得方法とあわせて、保育士や指導員との違いもご紹介していきます。

  • 開業スタートダッシュパック 内容を詳しく見る
  • 放課後等デイサービスを運営している会社が開発 療育に特化した業界唯一のソフト HUGの資料請求をする

児童指導員とは

児童指導員は、放課後等デイサービスや児童発達支援に配置が求められる、厚生労働省が定めた職業です。施設に入所、あるいは通所するお子さまへの療育・ケースワークが主な業務となり、児童指導員としての任用資格を取得している必要があります。


●児童指導員の職場
児童指導員の配置が必要な事業にあげられるのは、児童発達支援、児童発達支援センター、そして放課後等デイサービスの3つです。どの事業も、障がいをもつお子さまやそのご家族を支援することを目的としています。


●児童指導員の業務内容
児童指導員は、現場でどのような業務を行うのでしょうか。主な業務としてあげられるのは生活指導、つまり配属された施設に通うお子さまに対し、日常生活に必要な動作や知識、技能を指導します。

具体的な生活指導の例として、「お子さまがおひとりで着替えをする」「食事の時間を守る」など、基本的な生活習慣を身につける指導があります。また、挨拶や食事作法の指導や学校の授業のフォローなどで、社会への適応にもつながる指導も含まれます。

おもちゃや道具の貸し借りをしたり、「ありがとう」や「ごめんなさい」などの言葉を伝えたりするなど、遊びや日常的なコミュニケーションを通じて集団生活のルールを身につける訓練も大切です。

生活指導以外に、施設を利用するお子さま一人ひとりの活動記録の作成、学校や児童相談所などの関連する施設との連携業務などもあります。

児童指導員は、年齢も障がいなどの特性をもつお子さまや、さまざまな事情を抱えるお子さまと接し、療育やケースワークを行います。一人ひとりに合わせた指導は、お子さまがこれから社会に出る上で大きな手助けになるでしょう。

児童指導員の任用資格の条件

よく「児童指導員の資格はどのように取得すればよいのか」という疑問を持たれる方がいらっしゃいます。しかし現段階では児童指導員という名前の資格はありません

児童指導員として働くためには、まず任用資格を取得する必要があります。主な任用資格の取得方法は6つです。

1.学校教育法の規定による大学・大学院で「社会福祉学」「心理学」「教育学」「社会学」を専修する学部、学科を卒業している

2.地方厚生局長が指定する養成施設(福祉系の専門学校)を卒業している

3.小中高、いずれかの教員免許を取得する

4.幼稚園教諭の資格を取得する(2019年4月以降)

5.「社会福祉士」、「精神保健福祉士」の資格を取得する

6.実務経験を積んで取得する


実務経験を積んで児童指導員の任用資格を取得するためには、2つの条件を満たす必要があります。

・高等学校もしくは中等教育学校を卒業している
・児童福祉事業に2年以上かつ年間180日以上勤務している


また、実務経験で児童指導員の任用資格を取得するための条件を満たしていると認められている事業は「児童福祉事業」のみであるという点にも注意してください。就労継続支援事業など、障がい者施設で2年以上働いていたとしても、任用資格の取得条件を満たしているとは認められません。


●任用資格の取得を証明するために必要なもの
児童指導員の採用試験や面接試験などを受ける前に、任用資格を取得していることを証明するための事前準備をしておきましょう。

たとえば、「社会福祉士」や「精神保健福祉士」の資格を所得している場合、その資格証のコピーがあれば任用資格の取得を証明できます。大学や大学院の卒業証書のコピー、実務経験証明書なども同様です。


●任用資格を取得していれば児童指導員というわけではない
任用資格を取得すれば児童指導員を名乗れるわけではありません。任用資格取得の条件を満たしていることに加え、放課後等デイサービスや児童発達支援で働くことで、はじめて児童指導員として認められます。

そのため、任用資格を取得していても、放課後等デイサービスや児童発達支援に勤務していない期間は、児童指導員であるとは言えないので注意してください。

保育士と児童指導員の違い

児童指導員と同じように、お子さまと接する職業に保育士があります。保育士と児童指導員の違いとはなんでしょうか。
 
まず、保育士と児童指導員では必要な資格が異なります。そしてもうひとつ大きな違いとして挙げられるのが対象とするお子さまの年齢です。
 
保育士が働く一般的な職場は保育園です。保育園に通うお子さまは就学前児童なので、保育士が指導する対象はもちろん0~6歳になります。
 
一方、児童指導員が指導するお子さまの対象年齢は、事業によって幅広くなります。たとえば、放課後等デイサービスの場合、施設を利用するお子さまは在学中児童ですので、対象は6~18歳です。

指導員と児童指導員の違い

指導員も児童指導員も、職場は放課後等デイサービスや児童発達支援事業所です。大きな違いは、それぞれの業務内容にあります。
 
児童指導員はお子さま一人ひとりに生活指導などの療育やケースワークを行うのが主な業務です。そして指導員は児童指導員のサポートや事務業務を中心に行います。
 
また児童指導員は任用資格の取得が必須条件ですが、指導員は資格や経験がなくてもできる点が特徴です。指導員として実務経験を積んでから児童指導員になる、というケースも珍しくありません。
 

まとめ

近年、放課後等デイサービスや児童発達支援の施設数は増え続けています。しかし、児童指導員の任用資格を取得している職員は需要に追いついていないのもまた事実です。
 
現段階で自施設に勤務している職員を児童指導員として雇用したい、または新しく児童指導員を増やしたいとお考えの方もいらっしゃるかと思います。児童指導員の任用資格を取得する方法は1つではありませんので、「何から始めればよいのかわからない」という方はまず、「どのような方法で人員確保を行うのが適しているのか」を考えるところから始めてみてください。

さいごに

HUGでは放課後等デイサービス・児童発達支援を運営している事業者様の為に成長療育支援システムを開発しています。
人員配置基準や児童発達支援管理責任者欠如減算、サービス提供職員欠如減算のチェックを日々の出勤予定を組みながら確認を行うことができます。

  • 放課後等デイサービスを運営している会社が開発 療育に特化した業界唯一のソフト HUGの資料請求をする
  • 開業スタートダッシュパック 内容を詳しく見る

メールマガジンの登録

新着記事や放課後等デイサービスに関するお役立ち情報をお届けします!

メールマガジンの登録はこちら



カテゴリ

アクセスランキング
最新の記事
話題のキーワード



  • 放課後等デイサービスの毎月の請求業務を簡単・正確に。時間のかかる請求業務が簡単・正確にできます。
  • 加算に強い!放課後等デイサービス向け施設運営システム。加算要件を自動でチェックし、最適な人員配置をサポート。業務時間の短縮を実現します!
  • HUGなら個別支援計画の作成ができます!
  • オンライン支援・在宅支援対応
  • 放課後等デイサービスを運営している会社が開発 療育に特化した業界唯一のソフト HUGの資料請求をする


Copyright(C) Netartz Co.,Ltd.All Rights Reserved.