放課後等デイサービス業界に
広く通じる情報を随時配信中!


モニタリングとモニタリングに基づく個別支援計画書の変更

2020/10/15

行政書士小澤先生の放デイコラム

モニタリングとモニタリングに基づく個別支援計画書の変更

みなさんこんにちは!
はぐめいとでは放課後等デイサービスや児童発達支援を運営している事業者様に向けて様々な情報を発信しています! 

今回は放デイ・ラボのYouTubeチャンネルの中で『モニタリングとモニタリングに基づく個別支援計画書の変更』について、 介護業界を支える行政書士 小澤信朗先生にわかりやすく解説いただきましたので、その内容をご紹介します。

  • 開業スタートダッシュパック 内容を詳しく見る

児童発達支援管理責任者の具体的な役割とは

児童発達支援管理責任者のおもな役割には下記の3つがあります。
 
(1) 子どものニーズに応じた適切な支援の提供と支援の質の向上
(2)子どもと保護者に対する説明責任等
(3)緊急時の対応と法令遵守等
 
今回は「(1)子どものニーズに応じた適切な支援の提供と質の向上」の中にある〈放課後等デイサービス計画に基づくPDCAサイクル等による適切な支援の提供〉の項目から、以下の2点について解説していきます。
 
1、放課後等デイサービス計画に基づくPDCAサイクル等による適切な支援の提供
  ア、 子どもと保護者及びその置かれている環境に対するアセスメント
  イ、 放課後等デイサービス計画の作成
  ウ、 タイムテーブル、活動プログラムの立案
  エ、 日々の適切な支援の提供
  オ、個別支援計画の実施状況把握(モニタリング
  カ、 モニタリングに基づく個別支援計画の変更
  キ、 事業所全体の業務改善サイクルへの積極的関与
2、従業者及び自らの知識・技術の向上
3、関係機関・団体や保護者との連携

個別支援計画の実施状況把握(モニタリング)

モニタリングとは、概ね6か月に1回(以上)のタイミングで目標達成度を評価し、支援の効果を測定していくものです。
個別支援計画を作成した後、少なくとも6か月に1回以上はモニタリングを行い、必要に応じて計画の見直しをするようにと定められています。ちなみに、子どもの状態や家庭状況等に変化があった場合には必ずモニタリングを行わなければならないため、6か月の間に2回3回と見直しを行っても何ら問題ありません。

ここで忘れてはいけないことは、モニタリングは「目標を達成しているか、していないか」を単純に評価して漫然とした更新を行えばいいものではない、ということです。提供した支援の客観的評価をきちんと行い、個別支援計画を見直す必要性があるかどうかを判断します。

また、モニタリングを行うときは指導員の目線だけでなく、保護者と面談することも重要です。家庭での様子や生活の質の向上が図られているかなどをヒヤリングし、保護者による計画の評価や支援の効果などもあわせて記録しましょう。(最近ではコロナの影響もあり、直接の面談が難しければオンライン等での面談でも可と認められています。)

モニタリングを行うことで個別支援計画の見直しへ繋げるとともに、保護者の子育て支援にもつなげていくことが最大の目的です。

モニタリングに基づく個別支援計画の変更

モニタリングによって「個別支援計画を見直す必要がある」と判断された場合には、積極的に見直しを行っていきましょう。

■支援目標の設定が高すぎたのか?
■支援内容が合っていなかったのか?
■別の課題が発生しているのか?

これまでの支援内容を評価しながら上記のような問題がなかったかを見直し、今後も支援内容を維持するのか、それとも変更するのかを判断しましょう。その上で、改めてニーズや現状を把握し、個別支援計画を作成し直して、再び支援を実施していきます。

また、万が一放課後等デイサービスの必要性が低くなった場合には、終結を検討することも視野に入れておきましょう。

終結にあたっての注意点

もしも、放課後等デイサービスの支援が必要ないと判断したときは、終結という選択肢もあります。
終結となる場合には、放課後等デイサービスの支援内容等について【関係機関】や【団体】への引き継ぎが必要です。そのため終結につながるモニタリングの際には、子ども保護者学校障害児相談支援事業所と一緒に行うことが望ましいでしょう。
子ども自身や保護者ら支援チームで確認したのちに、以下の事由によって終結を決定します。

・転出
・軽快治癒
・ニーズ解消
・18歳超過

特に[軽快治癒]や[ニーズ解消]による終結は、各関係機関へ引き継ぐことが非常に重要なポイントですから、相談支援専門医学校の先生とも引き継ぎをかねて、よくよく相談した上で行っていただくことが理想的ですね。

まとめ

個別支援計画を見直すときは、本人の状況や目標、保護者の方の思いを正しく把握しなければなりません。良い支援を提供することで保護者の方の子育てを手助けするのだ、という気持ちでモニタリングを行うことを意識してください。
見直しによって支援内容を変更したり、終結したりする場合は、必ず設置者や管理者へ報告するようにしましょう。

さいごに

放課後等デイサービスの事業を続けていくために、専用ソフトの活用も極めて有効な手段の一つになります。
弊社が提供している「HUG」はその業務のサポートに特化した業界唯一のシステムです。

HUGでは放課後等デイサービスを運営している事業者様の為に成長療育支援システムを開発しています。
個別支援計画書の作成はもちろんのこと、モニタリングやアセスメントの記録も行う事ができ、
再作成の時期には通知してくれる機能も備えています。
ぜひ、ご検討ください!

HUGの個別支援計画について 詳しくはこちら

お電話でもご案内も受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。
052-265-8915
受付時間:9:00~18:00(土日休み)

  • 放課後等デイサービスを運営している会社が開発 療育に特化した業界唯一のソフト HUGの資料請求をする

メールマガジンの登録

新着記事や放課後等デイサービスに関するお役立ち情報をお届けします!

メールマガジンの登録はこちら



カテゴリ

アクセスランキング
最新の記事


  • 放課後等デイサービスの毎月の請求業務を簡単・正確に。時間のかかる請求業務が簡単・正確にできます。
  • 加算に強い!放課後等デイサービス向け施設運営システム。加算要件を自動でチェックし、最適な人員配置をサポート。業務時間の短縮を実現します!
  • HUGなら個別支援計画の作成ができます!
  • オンライン支援・在宅支援対応
  • 放課後等デイサービスを運営している会社が開発 療育に特化した業界唯一のソフト HUGの資料請求をする


Copyright(C) Netartz Co.,Ltd.All Rights Reserved.