放課後等デイサービス業界に
広く通じる情報を随時配信中!


1歳半検診で発達障害のおそれがあるとわかったら~発達障害は早期発見が大切

2019/10/14

放デイ運営お役立ちコラム

1歳半検診で発達障害のおそれがあるとわかったら~発達障害は早期発見が大切

みなさんこんにちは!
はぐめいとでは放課後等デイサービスや児童発達支援を運営している事業者様に向けて様々な情報を発信しています!

今回は障害者ドットコムの児童向けコラム「1歳半検診で発達障害のおそれがあるとわかったら~発達障害は早期発見が大切についての記事をご紹介します。

  • 放課後等デイサービスを運営している会社が開発 療育に特化した業界唯一のソフト HUGの資料請求をする
  • 開業スタートダッシュパック 内容を詳しく見る

1歳を過ぎても視線を合わさない、指さしをしない子どもに不安を覚える親御さんはいるでしょう。もしかして、我が子は発達障害なのではないか、と。現在では、1歳半検診で発達障害の特徴を診ることはだいぶ可能になりました。子どもの発達障害の早期発見と介入に、自治体は力を入れるようになりました。1歳半検診において明らかにできること、発達障害のおそれがあると分かった時に何ができるのかについて解説します!

1歳半検診で分かること

1歳半検診を含む乳幼児健診は、母子保健法に基づき、市町村が主体となって行います。乳幼児健診の目的は、子どもの発育と健康状態から、身体的・精神的発達の経過を把握し、子どもの発達ならびに子育てをする養育者への必要な支援をすることです。発達障害のある子どもの診断・評価は、早くて3歳から就学時7歳頃に可能だと考えられます※。とはいえ、発達障害は生まれつきの脳機能障害なので、乳児期から発達障害の傾向を見ることはできます。

※(高機能)自閉症や知的障害の場合、3歳になっても話さないか、単語しか発しないことが多く、言葉の理解にも遅れが見られます。就学時には、勉強に困難を示す学習障害や、年齢にそぐわず授業中も落ち着いていられないADHD(注意欠如多動性障害)が明らかになりやすいです。

【1歳半検診では、言語理解と社会性の発達に注目する】
1歳半検診の評価項目や手順は、自治体によって多少の違いがあると思いますが、以下の共通するポイントに注目して、1歳6か月児の発達は評価されます。

「障害者ドットコム」のご紹介

日本最大級の障害福祉サービス施設検索サイト「障害者ドットコム」には放課後等デイサービス、就労継続支援事業、相談支援事業など40,000件以上掲載されています。
また無料で施設や支援風景の写真、施設PR文を掲載することができます。事業所様の雰囲気を写真で伝えやすいので、施設の特徴を多くの方に発信できるようになっています。

集客をお考えの事業者様、新しいお客様の獲得に繋がるかもしれませんので、一度ご利用を検討してみてはいかがでしょうか?

障害者ドットコム

さいごに

HUGでは放課後等デイサービスを運営している事業者様の為に成長療育支援システムを開発しています。
書類作成や日々の記録業務の他、保護者様と子どもたちの情報の共有する機能など施設運営に役立つ機能が満載です。
ぜひ、ご検討ください!

▼HUG 成長療育支援システムの詳細はこちら
https://www.hug-srss.com/system/

  • 放課後等デイサービスを運営している会社が開発 療育に特化した業界唯一のソフト HUGの資料請求をする
  • 開業スタートダッシュパック 内容を詳しく見る

メールマガジンの登録

新着記事や放課後等デイサービスに関するお役立ち情報をお届けします!

メールマガジンの登録はこちら



カテゴリ

アクセスランキング
最新の記事

話題のキーワード

  • 加算に強い!放課後等デイサービス向け施設運営システム。加算要件を自動でチェックし、最適な人員配置をサポート。業務時間の短縮を実現します!
  • 放課後等デイサービスの毎月の請求業務を簡単・正確に。時間のかかる請求業務が簡単・正確にできます。
  • 放課後等デイサービスを運営している会社が開発 療育に特化した業界唯一のソフト HUGの資料請求をする


Copyright(C) Netartz Co.,Ltd.All Rights Reserved.